お久しぶりです!SHINです。

今回は「RPGに立ち絵が必要か?」ということをテーマに、ゲームを制作する時に大切なことを考えていきたいと思います。

RPGに立ち絵は必要か?答えはYES

結論から申し上げると、私は必要だと考えます。

というのも、RPGにはたくさんのキャラクターが登場しますよね?
主人公や仲間、敵、初めて出会う人、よく出会う人・・・
それらの人々を区別するのに立ち絵は必要です。

いやいや、名前を文字で表示することもできるだとと思うかもしれませんが、
名前だけではその人の個性や正確まではわかりませんよね?
あくまで、名前という情報を元にそのキャラがどのような人物だったか思い出しているのです。

それに対して、グラフィックは文字よりも圧倒的に多くの情報を瞬時に伝えることができるので、
例えそのキャラを覚えていなかったり、初めて出てきたキャラクターであったとしても、
ある程度個性を推測することができます。
また、そのキャラについて思い出す場合でも、その思い出しの手助けをしてくれます。

もしかすると、キャラチップに何らかのアイコンなどを表示して、
どのキャラが話しているのかわかりやすくしている方もいらっしゃるかもしれませんが、
キャラが増えてくるとたった数百ドットのキャラチップだけでは区別がつきづらくなってきます。
相当な技術を持ったドッターさんなら別かもしれませんが・・・

プレイヤーのことを第一に考えたゲーム制作を

しかし、現在フリーゲーム業界では絵師さんがやや不足気味なこともあり、
立ち絵を用意するのが難しいこともあるでしょう。

ですが、立ち絵の有無でプレイヤー側の情報認識は格段に変化します。
プレイヤーの立場になって、ゲームを制作していただきたいです。

何とかして立ち絵を用意するか、何らかの別の方法で代替するか。

私は極力遊びやすいゲームになるよう日々努力しています。
プレイヤーさんありきのゲーム制作だと思っていますので。


さてさて、今日で2017年は終わりですね。今年は

  • サーモン、サーモン、サーモン!!! 公開
  • ホシコイ 公開
  • ゲーム制作講座 連載
  • ウディコン レビュー

と盛りだくさんの1年でした。

最近は更新が途絶えていましたが、新しいゲームを制作中です。
もうすぐ情報を公開できると思いますので、もう少しお待ち下さい!

ではでは、良いお年を!