全てのゲーム制作者とゲームを遊ぶちびっこたちへ

デバッグの仕方|ゲーム制作の総仕上げ・バグやおかしな点のない完璧なゲームを作るために

前回 – シナリオ編第四回「指示書の書き方と各担当者」

いか先生-自己紹介用いか先生
久しぶりだな!元気にしてたか?

やぎちゃんやぎちゃん-自己紹介用
元気だよ!それにしてもひどいよ。
「指示書の書き方と各担当者」が1月29日だよ!?
もう半年以上放置されてるんだよ!?

いか先生
お、おう。
まあ、その間ねこ姉やほーくんが頑張ってくれたんだからさ、
いいんじゃねぇの?

やぎちゃん
そんなに甘くないの!!
私の出番が半年以上なかったことが問題なの!?

いか先生
!?

 

いか先生
今日で最後なのか・・・はぁ。

デバッグとは|実際にゲームを遊んでバグを取り除く

いか先生
人間っていうのはな、常に過ちを犯すものなんだ・・・。

やぎちゃん
私達動物だけどね。

いか先生
だからな、完成だと思っても焦らず、一度立ち止まって振り返ってみてほしいんだ・・・。

やぎちゃん
今日のいか先生なんかおかしいよ??

デバッグとは「ひとまず完成したゲームを実際に遊んでみてバグを見つけること」です。
デバッグによって見つかったバグを修正して、初めてゲームが完成したと言えるでしょう。

いか先生
それとな、世の中には似通っていても確実に違うものっていうのがあるんだ・・・。

やぎちゃん
テストプレイだよね?予習してきたよ!

デバッグ:主にバグを探すことが目的なので、通常のプレイではありえないこともやってのけ、ストレスのないゲームを目指す。
テストプレイ:あくまでプレイヤーの視点で遊んでみて、どこが面白くてどこがつまらないかを吟味し、より面白くする。

いか先生
お前、いつから予習するようになったんだ・・・。
俺が見ていないうちにも、人っていうのは成長するもんなんだな・・・。

やぎちゃん
だから人間じゃなくてやぎだから!!!
今日のいか先生おかしいよ??

いか先生
だ、だってよぉ。今日が最後だって思うとさ、寂しくなるじゃんけよぉ・・・

やぎちゃん
え?誰も今日が最後だなんて言ってないよ?

いか先生
!?

やぎちゃん
超長編の次回作の制作が決まったから、
いか先生にも24時間365日お手伝いしてもらおうと思って!

いか先生
それも嫌だーーー!!!

デバッグの方法

いか先生
では改めて、デバッグの方法を解説していくぞ!

1.仕様書を確認しよう

いか先生
バグだ!!と思ったら仕様だった!!
なんて赤っ恥をかかないようにするためだな。

やぎちゃん
頑張って仕様書作ったんだから、
せめてデバッグをしてくれる人にぐらいちゃんと見てもらいたいよね。

2.通常通りプレイしてみよう

いか先生
通常通りプレイしてみて、
きちんとエンディングまでたどり着けるかを確認するんだ。
第一の関門ってところだな。

やぎちゃん
仕様書を見ながらシナリオとかに間違いがないかも一緒に確認したいよね。

3.通常ではありえないプレイをしてみよう

いか先生
ストーリーを無視してガンガン前に進んでみたりとか、壁に体当りしたりとか。
マップ上の行けないはずのところに行けてしまうとかは初心者あるあるだからな。

やぎちゃん
壁に体当たり・・・。痛そう・・・。

4.バグを報告しよう

いか先生
これについてはまたあとで詳しくやるからな。

5.バグを修正しよう

いか先生
バグが報告されたら、あとは修正するだけだな。

やぎちゃん
いか先生のお仕事だね!

バグを管理しよう

いか先生
バグがたくさん報告されてくるわけだが、
上手に管理しないとバグだらけに感じて結局対処しきれなくなるんだな。

やぎちゃん
なんのためのデバッグなの??ってなるよね。

いか先生
そこでだ。まず、バグを報告する側に工夫が必要だな。

バグ報告の仕方

いか先生
バグが発生したときは、まず画面写真を撮って欲しい。
実はそれが激レアバグで、滅多に再現できないこともあるからな。
バグを確認したら何度か意図的にバグを起こそうとしてみて、
毎回起こるのか、特定の条件で起こるのかを見極めよう。

やぎちゃん
たまにしか起こらないバグなんてあるんだね!
むしろ激レアバグとして残しておきたいぐらい・・・

いか先生
おぉい、おい!それじゃなんのためのデバッグなんだよ。

バグが発生したときは、「バグの具体的な内容と画面写真」「バグが起こるための条件や再現方法」「バグの重要度」を併せて報告しましょう。

やぎちゃん
ねえ、いかせんせー?
「バグの重要度」ってなに?

いか先生
あぁ、例えばゲームがその先に進めなくなるようなバグが重要だが、
ちょっとした誤字脱字なら後回しにしても問題ないだろ?
それと、バグが発生したゲームのバージョンも報告しておいたほうがいいかもな。

やぎちゃん
バージョン??

いか先生
デバッガーがたくさんいると他の誰かが先に見つけていて、
知らぬ間に修正されていることがあるんだ。
だから、ゲームにバージョンを振っておいて、
最新バージョン以外からの報告なら
修正済みであるかもしれないことを視野にいれるわけだ。

やぎちゃん
ふーん・・・。なんかめんどくさいね。

いか先生
それを言っちゃデバッグはおしまいよ。

バグの共有方法

いか先生
じゃあ最後に、バグの共有方法についてだ。
共有と言っても、バグの報告と、バグの修正報告だな。

やぎちゃん
普通にメールとかSkypeじゃだめなの?

いか先生
大丈夫だけど、バグ管理専用のソフトもあるから、
意外と便利だったりするな。

バグ管理ソフトの利点

・バグをバージョンや優先度で分類できる
・自動的にナンバリングされるので管理しやすい
・修正の連絡がしやすい

今日のポイント

  • デバッグとは様々な方法でゲームをプレイしてバグを見つけ出す作業のことだ!!
    バグを取り除いて完璧なゲームを目指そう!!
  • デバッグは「仕様書確認→プレイ→報告」の順で進むぞ!!
    通常ではありえないようなプレイも試してみよう!!
  • バグを正しく報告して正しく管理しよう!!
    バグ管理ソフトもおすすめだ!!

ゲーム制作講座|図とイラストで楽しくゲーム制作を入門しよう!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter

お知らせ

投稿は水・日が基本です。
水曜日はブログや記事、日曜日には講座を投稿します。

最近の投稿

スポンサードリンク

当サイトのリンクについて

当サイトは全ページリンクフリーです。その際、以下のバナーを利用していただくと便利です。

なるべく画像のダウンロードは行わず、直リンクにてお願い致します。新作ゲームの配信等があった際に特別バナーに変更したりすることがあります。

SHIN Gaming 〜俺の居場所〜|講座も!フリーゲームも!

アニメーションあり(オススメ!)


アニメーションなし

PAGETOP
Copyright © SHIN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.