全てのゲーム制作者とゲームを遊ぶちびっこたちへ

ゲーム用イラストの種類|立ち絵・チップ・背景・スチルなど

前回 – イラスト編第二回「各ファイル形式の違い」

ねこ姉
あんた、もしかして・・・
いーか先生?中学のポンコツ担任の!!

いか先生
ポンコツっていうなよww
やっと思い出してくれたか・・・。

ねこ姉
何でもかんでも「まー、いーか」って言ってた
完全なポンコツ担任じゃないのー!

いか先生
・・・しょぼん。


ねこ姉
そんなことより、
イラストの種類をもう少し詳しく教えて欲しいのよねー。

いか先生
そんなことよりってなんだよ。
じゃあ今回はコラム的な感じで
ゲーム用イラストの種類を詳しく見ていくか。

今回はキャラ会話少なめで要点のみをまとめていきます。

立ち絵|キャラクターグラフィック・表情差分

立ち絵とは会話イベントなどで表示されるキャラクターのグラフィックのことです。

顔のみであったり、胸元も映るようにしたり、全身だったりします。

また、同じキャラクターでも複数の表情やポーズの立ち絵が用意されることがあり、これを表情差分と言います。ただ、表情差分を作る過程で肌のベースの色が微妙に変わったりすることで、全体的に統一感のない表情差分になることもありますので、基本的に顔のパーツのみをいじるのが正攻法でしょう。

スチル|イベントCG

スチルとはゲームの中でも重要なシーンで表示される一枚絵のことイベントCGなどとも呼ばれます。ドットなどでは表示が難しいような繊細な表現・演出などに使用されることが多いです。

画面いっぱいに表示することが多いため、基本的にはゲーム画面のサイズに合わせて制作することが多いですが、PVやHP掲載用などに、HDサイズでも作っておくことをオススメします。

スチルが多いほどグラフィックにこだわったゲームという印象を持たれることが多いようですが、実際はスチルを多用しすぎるとゲームの雰囲気が伝わらなくなり、逆効果のこともあります。

また、ゲームのギミックとして、スチルを表示中にマップに変化が起こることで、スチルが画面から消えた後にプレイヤーに衝撃感を与えることもできます。

キャラチップ|ドット絵・素材規格

キャラチップとはキャラクターをドット絵で表現したチップのことです。

主にツクールやウディタなどのツール系で使われることが多く、その場合は素材規格に合わせて作る必要があります。

二頭身のものと三頭身のものがあり、統一すべきです。また、四方向だけでなく八方向に対応したものもあります。
ツールによって素材規格が違うこともあり、色々とごちゃごちゃしていますので、しっかり統一させてあげることが必要です。

マップチップ|ドット絵・タイルセット・素材規格

マップチップとはマップを作成する際に使うドット絵で作成したチップのことで、タイルセットなどとも呼ばれます。

主にツクールやウディタなどのツール系で使われることが多く、その場合は素材規格に合わせて作る必要があります。

現在主要な規格としては16×16、32×32、40×40、48×48のマップチップがあり、自分が作るゲームの解像度に合わせて適したものを選んであげる必要があります。

背景|ノベルゲーム

背景とはその名の通り背景の画像のことです。ノベルゲームなどでは立ち絵の後ろに表示することがあります。RPGなどでは背景にマップを表示できるのであまり使われることは多くありません。

また、スチルの代わりに背景と立ち絵を使ったり、スチルを使う場合も背景とキャラクターで担当者が違う場合があります。

アイテムグラフィック|脱出ゲーム

その名の通りアイテムのグラフィックです。RPGではアイテムが多いことから下のアイコン素材を使うことが多いですが、脱出ゲームなどではこちらのアイテムグラフィックを表示する場合が多いです。

アイテム一覧に表示される小さめのグラフィックと、それを選択した後に表示される大きなグラフィックを使うことが一般的です。

アイコン|ドット絵・実行ファイル・ファビコン

万能なアイコン素材です。主にドットで表現される正方形の画像を指すことが多いです。

アイテムに使われたり、何かをマーキングするのに使われたり、様々な用途に使われます。

また、ゲームが完成した後、実行ファイルのアイコンを変更したり、ファビコンとしてホームページに使われたりもします。ファビコンとは、ブラウザー上においてタブに表示されたり、お気に入り登録した時などに表示されるアイコンのことです。うちのサイトのファビコンはこれ。

ただし、実行ファイルのアイコンやファビコンとして使う場合は.ico形式に変換する必要があります。


いか先生
ど?こんなもんでいい?

ねこ姉
思ったより少ないのねー。
どうも、ありがとう。

今日のまとめ

  • ゲーム用イラストにはそこそこ種類がある!
    それぞれの名前を言われた時に、一体どれを指しているのかぐらいはわかるようにしておこう!
  • 本編では触れていないが、前回の記事の内容を参考にして、どの形式が最適か考えてみよう!

次回は「イラストを描く流れ」(3/5更新予定)

ゲーム制作講座|図とイラストで楽しくゲーム制作を入門しよう!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter

お知らせ

投稿は水・日が基本です。
水曜日はブログや記事、日曜日には講座を投稿します。

最近の投稿

スポンサードリンク

当サイトのリンクについて

当サイトは全ページリンクフリーです。その際、以下のバナーを利用していただくと便利です。

なるべく画像のダウンロードは行わず、直リンクにてお願い致します。新作ゲームの配信等があった際に特別バナーに変更したりすることがあります。

SHIN Gaming 〜俺の居場所〜|講座も!フリーゲームも!

アニメーションあり(オススメ!)


アニメーションなし

PAGETOP
Copyright © SHIN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.