前回「黄昏の砂城」に続き、今回は「イケメン王子を手に入れろ! ~ミケとシバの魔物狩り譚~」を遊んでみます!

今回の選択理由としてですが、作者のただいぬ(nomaldog)さんに以前お世話になったことがあり、
どんな今を送っていらっしゃるのか気になったからです。
どんな今ということで言えば、非常にまじめな方だったnomaldogさんがイケメンを捕まえるようなゲームをつくったと考えると・・・っごほん。

さてさて(汗
基本的にこのレビューではそのゲームの特徴を捉えて、パクってやろうというコンセプトで行っております。
そういう姿勢がお嫌いな方は読まれないようにしてください。
※実際にはパクりません。

主人公の奇想天外な妄想

このゲームのストーリーの肝なのかもしれません。
ある日王子様が予言を持って村へやってきます。
その予言とは、珍しい魔物が現れるというもの。
もしその魔物を討伐できれば報酬が与えられるとか。

しかし、主人公の女魔物狩りミケはイケメン王子様にメロメロ。
魔物を倒して王子様に求婚され、お姫様になろうと奮闘します。

細かな資料

このゲームの特徴として、本棚1つ1つに何かしらの資料が設定されていることです。
これらを読んで回るだけでもかなりのボリュームですね。

細かなところまで作り込まれていることがよくわかります!

豊富なアイテム

アイテム・武器・防具など、RPGの基本となるものがたくさん用意されています。

SHINがRPGを作ると基本的にアイテムの種類は1桁になります。
見習わないといけないですね!ww

敵が基本かわいい戦闘

はい。敵がかわいいんです。
こんなかわいい敵を攻撃しないといけないなんて、悲しいです。

そんな話はさておき、本作では2人のキャラを操作するのですが、
それぞれ物理系・特殊系と得意分野が違い、
両方共戦闘で活躍できるようになっています。
どちらか1人だけめちゃくちゃ強くてその人ばっかりに頼ってるとか、
そんなことにはなってないですね。

それと、アイテムやスキルの説明文が面白いですねww
こういうところにこだわりを入れてくる人は好きですww
しかも、よく見るとキャラごとの個性も現れていたり・・・

ストーリー中でもスキルや武器・防具の名前をいじられてますねww
RPGといえば地道にレベル上げとか、地味で面倒なイメージがつきものですが、
こういうショートストーリーをはさんでくれるとモチベーションを保てますね!


だいたい1時間ちょっとでクリアできました!
一度だけゲームオーバーにはなってしまったものの、比較的易しめの難易度で、
どちらかというとストーリーを楽しむ系統だと思います!

全体的にRPGの堅苦しさや面倒さが一切感じられず、
結末にも笑わされましたね。

また、スキルを全習得すると、その旨が表示され、無駄にレベル上げをしなくても大丈夫なようになっていたり、
全体から作者さんたちの優しさも感じられました。

ゲーム制作の基本の1つである「プレイヤーの立場で」というのを
思い出すことができました。
ありがとうございました!

以上、SHINの遊んでみたでした!