ウディコン第9回に参加しているゲームをすべて遊んでレビューしようという企画です。

※各制作者様へ
参加作品が非常に多く、連絡が行き届いておらず申し訳ありません。
ネタバレ等、十分気をつけていますが、何か不都合があればご連絡ください。

なお、一応SHINも制作者の底辺ですので、制作者的なコメントが多めです。
ゲームの解説のようになってしまう部分もありますので、ご了承ください。

ゲームの基本情報

今回プレイするゲームは「夢見草の夜」です。「ナイデン内田」さん作です。
プレイ時間:「2〜4時間」

以下、コンテストページ内のコメントより転載。

ジャンル:
探索型アドベンチャー(微ホラー要素あり)
内容:
林間学校で訪れていた山奥の神社。そこには「神隠し」の伝承があった…。
生まれつき霊感の強い少女「さつき」と守護獣の「大福丸」は、ひょんなことから神隠しに遭ってしまう。
果たして彼女たちの運命やいかに。そして神隠しに秘められた真実とは…?

=====ここまで定型文です。=====

タイトル画面&オープニング

SHIN、ちょっと変わってまして、ゲームの中でタイトル画面が一番好きなんですね。
このゲーム、期待を裏切りません。まず、ロゴがちゃんとしてますよね。
更に、動くエフェクトやら縦書きのボタンやら、ゲームの雰囲気がしっかりと詰まっています。
申し分なしです。

続いてオープニング、実際に起動してもらうとわかりますが、
カーテンが動いたり、フェードなど演出が細かくて素晴らしいです。


また、制作者として気になったのは文字色です。
立ち絵がない場合、キャラ名を書いたりして対応することも多いのですが、
文字色によってパッと見ただけでどのキャラがしゃべっているのかわかるのもいいですね。

女性と男性が別れを告げたものの、男性は妖怪で戻ってくることはなく、女性の執念は今でも千年桜に宿っている・・・
と、ざっくりこんな感じのオープニングは、これから肝試しに行く学生さんたちのために巫女さんから告げられたもの。
さてさて、実際に肝試しに行ってみるとどうなるのでしょう・・・

制作者さんの世界観

実は、このゲームの制作者であるナイデン内田さんの過去作「棺桶時計の動く夜」は
過去に実況動画を見たことがありよく知っているんですが、
SEやキャラ紹介など、世界観がとても似ていて、なんだか安心感がありました・・・。

毎回雰囲気の違ったゲームを作るのもいいですが、
同じ制作者であることをアピールするためにも、雰囲気を統一するのはいいかもしれませんね。

あと、メニュー画面がめちゃくちゃ丁寧だな、と思いました。
本当に、非の打ち所がありません・・・。

さっそく肝試し・・・


夢見草の夜は和風のゲームですが、和風&ホラーといえば、神社!!
マップチップに困ったりすることもあるのですが、きっちり作り込まれていました・・・!

少し進むとわらわらとクラスメートがいるんですが、
目的の巫女さんだけ歩くモーションをしているのでわかりやすい!
作者さんの配慮が至る所に見られて感動です。

なに!?巫女さんと連絡先交換!?是非喜んで。


さてさて、肝試しですが、暗いお墓周辺を移動して千年桜を拝みに行くというもの。
作者さんのコメント的には微ホラーみたいですが、SHIN的にはガッツリホラーですねw
ちなみに、肝試しで出てきたものはだいたい全部作り物なのだそう。(霊感のある主人公いわく)
まだまだ本番じゃないということですね・・・。

肝試しのラスト、千年桜です。きれいですね・・・。

肝試しが終わると

スクショ撮り忘れてましたが、肝試しから帰ると人がいないということで、
神社の本堂に行ってみることに。

ただ、危険度Dなどと書かれていたりすることから、もしかするとダンジョンのようなシステムになっていて、
違う順番で攻略することもできたのかもしれません。


神社の中でヒントを探すものの、何やら良からぬものが・・・。

そんなこんなでヒントを回収し終えて、無事鍵を入手して神社から脱出。

しかし、なんやかんやで封印を解いてしまう・・・。


その影響で自身が発生、高台の千年桜に避難するとまさかのヤエさん登場、主人公気づいてないけど。


呪符を剥がしてくれと頼まれますが、よからぬ予感しかしません・・・。


といったところで、レビューはここまで!
シナリオにかなり重きが置かれているので、そろそろネタバレになりそうなのと、
ウディコン全作品をプレイするためにも、時間の関係上プレイはここで中断です。

そしてエンディングへ

と、これでレビュー本編は終わらせるつもりだったのですが、
エンディングまでプレイしたのでそこもちょっとだけ。

無事トゥルーエンドを出すことができました。
プレイ時間の関係上二週目は行っていませんので分岐のポイントは分かりません。
きちんとプレイ後に方法がわかるようになっていました。SHINの能力では無理そうですが・・・。

演出も最後の最後まで本当に美しくて、最初はホラー表現にビビりまくっていたものの、
最後には感動の思いが立ち込めてきました・・・!

ずばり「夢見草の夜」はどんなゲーム!?

作者であるナイデン内田さん的には微ホラーとのことですが、
ビビリなSHIN的にはがっつりホラーなゲームでした。

ですが、ただ怖いだけでなく、和がテーマに鳴っていることもあり、千年桜などきれいな演出も多く、
シナリオ的にもたいへん深みのあるゲームです。

レビュー執筆後最後までプレイしてみましたが、
各神社ごとに多彩なシステム、仕掛けが用意されていて、
ただ単調な探索ゲームではありませんでした。
おかげで、最後まで飽きることなくプレイすることができました。

また、過去作と似たような雰囲気が安心できて好印象で、
ゲーム中の様々な場面でプレイヤーへの配慮があるのもありがたかったです。

「美しい演出と深みのあるシナリオでプレイヤーの心をつかむホラーゲーム」(多彩なシステムとユーザーへの配慮も!)
といったところですかね・・・

本当に素晴らしいゲームでした。制作者さん、ありがとうございました!
是非この記事をご覧になった方も遊んでみてください!!

=====ここから定型文です。=====

今回プレイしたゲームは「夢見草の夜」です。「ナイデン内田」さん作です。
ゲームプレイはゲームタイトルをクリックしてリンクから飛んでください!